痴漢冤罪

痴漢冤罪の件でSNSが盛り上がっている様子を見る。

痴漢冤罪は、普段電車で通勤している人が多い日本で、自分の身に降りかかる可能性が一番大きいと気にしている人が多いと思う。その恐怖はわかった。怖いよね。でも、子供や、女性や、少なくない人数の男性が、痴漢に日々あっている事実がある。そっちの方がよっぽど身近で怖いこと。

冤罪が、怖いなら、そもそも、痴漢冤罪よりもはるか〜〜〜に多く起きている身近な性犯罪をどうすべきか、痴漢が起きやすい環境をどうすべきか(鉄道会社や都市設計とか加害者の治療などやることたくさんあるはず)、冤罪が起きてしまうのをどう防ぐか、とかまで考えて欲しい。

そもそもの刑事司法制度の問題にも目を向けて欲しい。代用監獄、弁護士と会えないこと、長時間の取り調べや自白の強要、冤罪、死刑制度。

沖縄でこの前ずっと勾留されていた方や、元死刑囚の方々の話に興味を持って欲しい。

広島の弁護士事務所 今枝仁法律事務所 元検事・弁護士に無料相談(全分野)-あなたの悩みや問題を、一緒にじっくり考え、適切に解決しましょう!